万博大喜利ワークショップ -お題にボケて、大阪・関西万博について知ろう-
【台風のため中止いたします】

2019年10月12日(土)和歌山県JAビル

【10/11(金)10:45現在】
気象庁が発表する情報から、当日、和歌山県北部では大雨・暴風・波浪警報が出る可能性の高い悪天候になることが予想されているため、まことに残念ですが、参加者の安全を考慮し、開催を中止することにさせていただきました。 楽しみにしていただいた方々、まことに申し訳ございません。
なお現在、日程を変更した再開催の予定はございません。

 太陽の塔。月の石。空飛ぶ車。未来社会のデザイン。SDGs。
皆さんは万博のことを、どれくらい知っていますか? 2025年に開催が決まった大阪・関西万博。 万博を楽しむには、まずは万博のことを知ることから。 大阪・関西万博のことを知り、楽しみ方を広げていくための大喜利ワークショップを開催します!

※大喜利ワークショップとは?
大喜利とは、「お題にボケるという、オモシロの提案をゲーム化したもの」のことです。 大阪・関西万博に関して出される「お題」に対してボケたり、他の人のボケを聴いて 楽しんだりしながら、万博に対する視野を広げられる、全員が大喜利に参加できる ワークショップです。

お題例

  • 万博会場のおみやげ屋さんでこんな意外なものが大ヒット!何?
  • 昨日までガラガラだったパビリオンが、なぜか今日から五時間待ち!なぜ?
  • 街に立っていた看板をみて「さすが万博のある街だなぁ・・・」とつぶやいてしまった。どんな看板?

ファシリテーター

山本ノブヒロ

ファシリテーター:山本ノブヒロ

1980年生。ワークショップデザイナー、オオギリスト、大喜利ファシリテーター。NPO法人ブラストビート理事、日本アクティブラーニング学会正会員。立命館大学大学院社会学研究科博士前期課程終了。
お題にボケる言葉遊び「大喜利」を人材育成に活かすオリジナルコンテンツ「大喜利ワークショップ」を一般向けカルチャースクール、高校、大学等で展開。2018年には社会人向け大喜利教室『ひなどり』を開講、NHKにも取り上げられるなど注目を集める。同時にプレイヤーとしても、芸人に混じり大喜利イベントに定期出場、製作側としても各種イベントの大喜利コーナーや大喜利メソッドを活かした演劇公演の監修等を努める。
ワークショップデザイナーとしては、2017年よりNPOの理事に就任、高・大学生向けプロジェクト学習を監修。イベント企画を体験できるカードゲーム開発など、エンタテイメント手法を活かした学習支援、知識定着の手法を実践。諸活動を通して、学習環境デザインや知識の定着法等について、各種学会での発表、論文寄稿にも積極的に取り組む。

タイムテーブル

13:30~16:30 開場 13:00

  1. イントロダクション(10分)
    ワークショップの目的・進め方の説明
  2. アイスブレイク(20分)
    大喜利に必要な感性とマインドをほぐすための「準備運動」
  3. インプットトーク(20分)
    大阪・関西万博について知るためのインプットトーク
  4. 大喜利チャレンジ(105分)
    大阪・関西万博に関するお題でボケてみるチャレンジ。 自分がボケない回は、他の人のボケを聴いて楽しむ観客になります。
  5. クロージング(15分)
    ※タイムスケジュールは参加者の人数やノリにより変更されることがあります。
万博について知りたい人。何かやってみたい人。子どもから大人まで、気軽にご参加ください!

会場案内